広い家に住みたいという夢を叶えました

家を建てる時に「とにかく広い家に住みたい」と思いました。この条件を満たした家を建てるには、都会ではなく郊外に家を建てる必要があります。そこで会社に通いやすい郊外の街を探すことにしました。するとそのような郊外の町は意外と多いもので、電車で1時間程度通勤する覚悟を決めれば、比較的広い家を購入できることが分かりました。いくつかの街を訪ねて、この街に住みたいと思えるところが見つかったため、広めの建売住宅を購入することにしました。同じくらい広い家を都心で購入したら、倍以上することは間違えありません。通勤は少し大変に感じることもありますが、家に買えれば広い家があると思えば我慢できます。また定年後は、この広い家で趣味を満喫できると思うと、今から年を取るのが楽しみなくらいです。とても便利な場所に家を建てられませんでしたし、会社の同僚がうらやむような家ではないかもしれませんが、自分の希望通りの家を手に入れて満足しています。