事務所を兼ねた家を建てましょう

フリーランスで活動されている方は、家と事務所を兼用しているという方も珍しくないでしょう。このような人は、ぜひ新居に自宅と事務所が入った家づくりをしましょう。普通の家を建てて、後から事務所と家に改築し直すよりも、最初から事務所エリアと家のエリアを分けた方が手間がかかりません。例えば一階部分を事務所エリアにします。二階を住居スペースにする場合は、事務所とは別の入り口も作ると出入りがしやすくなります。また事務所として使わなくなった後、住居スペースに組み込めるような仕掛けも、設計の段階でしておくといいでしょう。このように考えると、事務所兼住宅としての家を建てる場合は、注文住宅の方がいいかもしれません。設計する人に事務所と家のスペースを作りたいという趣旨を伝えて、働きやすく住みやすい家を設計してもらいましょう。このようにしてできた家は、働きやすいうえに住みやすく、仕事がはかどるでしょう。収入が増えるため、住宅ローンも前倒しで返せるかもしれません。